不妊治療の助成金~十勝~

北海道の市町村独自の不妊助成制度~十勝~

~十勝~

帯広市

帯広市では、不妊治療のうち、体外受精・顕微授精を受けたご夫婦の経済的な負担を軽減するため、治療費の一部を助成しています。

助成額

1回の申請につき75,000円を上限とします。
※ただし、治療にかかった費用から「北海道特定不妊治療費助成事業」で受けた助成金を差し引いた額が75,000円に満たない場合は、その額の助成となります。
また今回の助成に係る治療期間の初日における妻の年齢が43歳以上の場合は1回に要した特定不妊治療費が75,000円に満たない場合は、その額になります。

帯広市の詳細はこちら

浦幌町

北海道と浦幌町では、不妊治療を受けているご夫婦の経済的負担を軽減するため、医療保険が適用されず高額な費用がかかる特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)費の助成を実施しています。

助成額

○特定不妊治療 1回30万円
○男性不妊治療 1回20万円(特定不妊治療の一環として男性不妊治療を行った場合)
※町の助成金は、北海道の助成を受けた後の上乗せ助成となりますので、特定不妊治療費から北海道の助成金を控除して得た額を町は助成します。

浦幌町の詳細はこちら

音更町

音更町では不妊治療を受けている人の経済負担の軽減を目的として行っています。

助成額

特定不妊治療および男性不妊治療に要した費用に対して、1回の治療につき75,000円を限度に助成します。
ただし、治療にかかった費用から「北海道特定不妊治療費助成事業」で受けた助成金を差し引いた額が75,000円に満たない場合は、その額の助成となります。

音更町の詳細はこちら

池田町

池田町では、特定不妊治療(体外受精、顕微授精)の治療費助成をしています。
助成の内容は以下のとおりですが、事前に北海道の特定不妊治療費助成事業の助成決定を受けている事が必要となります。

助成額

1回の治療につき15万円。
ただし、治療にかかった費用(男性不妊治療分は除く)から「北海道特定不妊治療費助成事業」で受けた助成額を差し引いた額が15万円に満たない場合はその額の助成(100円未満端数切捨て)となります。

池田町の詳細はこちら

新得町

新得町では、特定不妊治療を受けている方の経済的な負担軽減と、少子化対策の充実を図ることを目的に、次のとおり特定不妊治療費助成事業を実施しています。

助成額

特定不妊治療1回につき20万円を限度とします。
ただし、北海道の助成事業の対象の方は、特定不妊治療から北海道の助成金額を引いた残りを対象の治療費とします。

新得町の詳細はこちら

中札内村

中札内村では、体外受精等による特定不妊治療費の一部を助成し、治療を受ける方の経済的負担の軽減を図っています。

助成額

1回75,000円以内

中札内村の詳細はこちら

広尾町

広尾町では、体外受精等による特定不妊治療費の一部を助成し、治療を受ける方の経済的負担の軽減を図っています。

助成額

特定不妊治療に要した費用に対して、1回の治療につき北海道が支給する額を差し引き、残った額に対し150,000円までを助成する。

広尾町の詳細はこちら

清水町

清水町では、不妊治療を受けている方の経済的負担の軽減を図ることを目的として、次のとおり特定不妊治療費助成事業を実施しています。

助成額

治療費:1回の治療につき、道の助成の1/2の額を5万円を限度に助成します。
ただし、治療にかかった費用から「北海道特定不妊治療費助成額」で受けた助成金を差し引いた額が5万円に満たない場合はその額の助成になります。

交通費:1回の治療につき、入・通院1回に要する交通費(汽車賃の実費額)を1万円を限度に3回まで助成します。

清水町の詳細はこちら

鹿追町

鹿追町では不妊治療(体外受精及び顕微授精のみ)を受けている方の経済的負担の軽減のために医療費を助成します。

助成額

助成金の額は、治療費用から北海道の助成額を差し引いた額に対して20万円を上限(当該額に100円未満の端数があるときは、当該端数を切り捨てた額)とし、1年度目は年3回、2年度目以降は年2回を限度に通算5年間交付する。

鹿追町の詳細はこちら

上士幌町

幕別町

大樹町

足寄町

本別町

陸別町

更別村

芽室町

トップページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする